JR佐原駅の外観

ゼットやっぺい社の佐原駅前での行動と推移

私どもは15年前に駅前の活性化をテーマに、第三セクターのまちおこし会社として、設立しました。 この15年間の推移を、写真をもとにご説明させて頂きます。

ゼットはゼロから出発の「Z」です。やっぺいは「やろう」の意味から取りました。

当時の佐原駅前は3軒の大型店の撤退・倒産により、瓦礫と空き家で埋まっていました。商店街組織も葬儀社の参加から、真っ二つに分裂し、葬儀社反対の看板があちこちに建ち、組織として運営されてない状態でした。
そのような状況で、夢も希望もなく廃れていく商店街を見ているのが、現状でした。

そんな商店街に夢と希望を作るために我々は立ち上がったのであります。 15年間の動きを写真で説明いたします。
最初に再生に取り組んだ建物
最初に再生に取り組んだ建物
最初の建物の現在の様子
最初の建物の現在の様子
改装前の佐原駅
改装前の佐原駅
現在の佐原駅
現在の佐原駅
清見屋(せいみや)取り壊し前
清見屋(せいみや)取り壊し前
清見屋(せいみや)取り壊し後
清見屋(せいみや)取り壊し後

図書館・公民館・市民の憩いの場所の建設予定
清見屋(せいみや)跡地には、
「図書館・公民館・市民の憩いの場所」を建設予定
佐原駅から見たホテル建設予定地
佐原駅から見たホテル建設予定地
ホテル完成予定図
ホテル完成予定図
(2019年6月完成予定)
富士ビル取り壊し前
富士ビル取り壊し前
(2014年9月撮影)
富士ビル取り壊し後
富士ビルは2018年8月に撤去完了。
跡地には「特養老人ホーム」を建設予定
写真を見て頂き、お分かりになるかと思いますが、ようやく、夢と希望が少し見えてまいりました。しかしながら問題はまだまだ山積しております。商店街のスポンジ化であります。空き家、空き地、後継者の育成です。

また、現在の佐原駅前は瓦礫の撤去が終わりましたが、実際は駅前に広っぱが3000坪ほど出来ました。2.3年後には皆さんにコンパクトシティがみられるように行政や地権者や市民の皆さんと一緒に努力するつもりでおりますので、よろしくご支援ください。

私たちは 次のテーマと事業計画を作り、行政と地権者と商店街の皆さんと一緒になり、「行ってみたい、楽しい、」まちづくりをしてみたく思います。


What's New

■2018/9/1
佐原の大祭秋秋り 佐原囃子の披露が下記の日程で行われる予定です。
日時 9月16日(日)午前11時〜、午後1時30分〜(2回運航・各回60分程度)
場所 小野川及び道の駅発酵の里こうざきにて

■2018/7/30
「地方都市再生への道」おかげさまで初版完売しました。(第2版準備中です)
次回の孫兵衛塾の開催は追ってお知らせいたします。

佐原の大祭 秋祭り(勇壮な「のの字廻し」) 2010年

ゴールデンウィークの佐原駅前と小野川沿い

ゴールデンウィークの佐原駅前と小野川沿い
ゴールデンウィークの佐原駅前と小野川沿い(どちらも、ほぼ13:30)

佐原駅付近

香取市の鳥 オオヨシキリ


香取市の鳥オオヨシキリ
近隣住民の方から寄せられた香取市の鳥 オオヨシキリの写真です。
この地域には野鳥が沢山います。
⇒魚や虫達が沢山います。
農薬等は極力使わないように官民一体となって努力している地域です